【通信教育】日本料理プロデューサー® について

和食の通信教育

「日本料理プロデューサー®BTC技術資格」を取得しよう!


世界中が注目する日本料理・和食は、今海外でも大変な人気です。
そんな和食の通信教育は、テキストで多彩な知識を、DVDでは34種類もの和食を、プロの板前の指導で学べます。

一生役に立つ「手に職」の技術と、「和食の資格」も、Wで取得することが可能です。
内容は、初心者向けに、身近な材料で、手早く出来る料理なので、実生活でもすぐに利用できます。

和食の通信教育は、DVD動画で自分の都合に合わせて、学べるので、いつでも自宅が専門学校に。
その上わからない所は、何度でも見ることができるので、通学以上に役に立ちます。

この機会に、和食の技術資格を取得して、就職や独立に活かしたり、様々なビジネスの可能性を広げましょう

受講対象

初心者の方  和食の資格を取得したい方
美味しい和食を作りたい方
板前に学び「手に職」となる技術を学びたい方

料理の先生を目指す方で和食も強みにしたい方
料理教室を開きたい方
和食の通信教育で資格を取得し、就職や独立に活かしたい方


BTC技術資格の取得の流れ


和食の通信教育の購入から、BTC技術資格の取得までの流れは,下記の通りです。

※海外の方で購入をご希望の方はこちら

①通信教材を購入する
※お支払は、代金引換(手数料無料)となります。(3営業日以内に出荷)

②DVD教材で学び、自宅で課題の作品を作り、規定数の添削用紙を協会へ返送する。
(万が一合格点に達していない作品があれば要再提出)
※郵便事情等により、まれに郵便物が届かない場合があるため、発送前に添削用紙のコピーをとっておく事。

③資格取得をご希望の方は、別途試験料1万円を支払い、最終の添削課題と共に認定試験申込書を協会へ送付する。

④後日、試験問題が届くので、期限内に在宅受験して協会へ解答を提出する。

⑤試験に合格後、日本料理プロデューサー®BTC技術資格が発行される。


和食の通信教材の内容

20140228-img_0002_r.jpg
  • テキスト6冊
  • DVD6枚
  • 添削用紙1冊・問題用紙1冊
教材価格 :4万9,800円(税込)
標準受講期間 :6ヶ月
添削回数 :6回
無料延長期間 :+6ヶ月
取得資格

:日本料理プロデューサー
 技術資格BTC認定証を発行
参考



:万が一最大1年の受講期間を過ぎた
 場合は、受講期限内の更新手続きで
 さらに+6ヵ月間の延長(料金別途)
 が可能。



null


通信教材の目次・詳細


第1章 日本の郷土料理やマナー

null
  • 日本料理の基本知識
  • 日本料理の種類について
  • 日本の行事と日本料理の関係について
  • 日本の郷土料理について
  • 日本料理のマナーについて
  • 日本料理の盛り付けについて




第2章 日本料理の食材や器具

20140228-01_r.jpg
  • 食材について
  • 使用する器具について
  • 基本的な野菜の切り方
  • 日本料理とお酒について




第3章 飲食店開業マーケティング基礎

null
  • 飲食店開業マーケティング
  • メニュープランニング
  • 飲食店店舗情報




第4章 日本料理実技編 part.1

null <DISC1>
  • 講師インタビュー

小鉢

  • 水菜と油揚げのお浸し
  • 卵豆腐
  • エビと季節の彩野菜の白和え

酢の物

  • 烏賊とカリカリ梅の和え物
  • 五色なます
  • ワカメの辛子酢味噌和え
<DISC2>

煮物

  • 鯖の味噌煮
  • 鰯の煮つけ
  • 真子の時雨煮
  • 筑前煮
  • 里芋そぼろ煮
  • 牛肉と牛蒡の卵とじ




第5章 日本料理実技編 part.2

20140228-img_0048_r.jpg <DISC3>

焼き物

  • 鯵の干物
  • 鰤の幽庵焼き
  • 太刀魚とじゃが芋の焼き物
  • 魚介と野菜の味噌マヨネーズ焼き
  • 鯛の紅葉焼き
  • 米茄子とオクラの養老焼き
<DISC4>

生物

  • 鯵のたたき
  • マグロの山芋とろろがけ

汁物

  • 一番出しの取り方
  • ワカメと油揚げの味噌汁
  • 浅利の貝汁
  • 鯛の潮汁




第6章 日本料理実技編 part.3

20140228-img_0029_r.jpg <DISC5>

揚げ物

  • 太刀魚の唐揚げ
  • 穴子の南蛮漬け
  • 鰯梅しそ巻き揚げ
  • 揚げ出し豆腐
  • かき揚げ
  • 天ぷら
<DISC6>

蒸し物

  • 鯛の骨蒸し
  • 茶碗蒸し
  • 豚のロールレタス蒸し ~ポン酢添え

飯物

  • 親子丼
  • 地鶏飯


null




<講師プロフィール>
石田 陽一
嬉野温泉、全日空ホテル、西濱屋を経て「日本料理 石田」を開店。 現在、日本料理と鉄板焼きの2店舗を展開する石田グループ代表。調理師学校の講師も務める。






null


日本料理プロデューサー®】を受講された方のお声


「料理教室を開きたい私にとって、この教材はすごく役に立つ!」

null
江越 麻希さん
この和食の通信教育は、DVDでの実演形式で学べるので、本ではわかりにくい生もの扱い方や、注意点もわかりやすかったです!
調味料の目分量の配合なども、全て目で確認できるのもいいですね。

また、和食の火加減やゆで加減なども実際に、DVDの映像で進めていくため、どこまで火を通したらよいのか、どのタイミングで具材を、加えればよいのかが、細かく実演と口頭の説明もありました。
初心者でも、すごく役に立つ教材だと思います。和食の資格も取得できることも魅力でした。

私は、将来料理教室を開きたいので、相手に伝えるにはどのようにすれば、うまく伝わるかも勉強できました。
この和食の通信教育では、和食の知識もテキストで、学べて何度も見たり、読んだりすることで、自信につながりました!





「絶対身に付けたかった和食が、プロに学べて嬉しい!」

20110724-tokunagasann_r.jpg
徳井 智恵さん
日本人として和食の技術は、絶対身に付けたいと思っていて、この和食の通信教育を利用した事で、とても勉強になりました!

和食の技術がDVD動画で、学べる教材をはじめて見ましたが、この教材があれば、自分の都合に合わせて、いつでも何度でも復習できるのが、とてもうれしいです。

DVDではプロの講師が、調理しながら解説もして下さっているので、とても分かりやすく、また食材も身近に手に入るものを使用しているので、自分で和食を作るときにすごく助かります!

普段学べない板前の方の技術を学べる上に、和食の資格も取得できるので、お得感があり嬉しいです。
基本的な和食はもちろん、自分では考え付かないようなメニューもあるので、料理力UPや自信につながります!






「お店を開く夢を、実現できる自信がつきました!」

20110724-tujimurasann_r.jpg
高村 明子さん
将来、自分のお店を持ちたいと考え、この和食の通信教育をはじめました。
和食のレシピだけでなく、「和食の知識」もしっかり学べるので嬉しいです。

プロの板前の方に、じっくり和食の技術やコツを含め、わかりやすく教えてもらえるので、とても勉強になりました!
中でも焼き物の内容が魅力的でした。
この和食の通信教育で、彩がきれいな焼き物など、いろんな料理が、ある事を知り驚きました。

忙しいため学校には、なかなか通う事ができないので、働きながら自分の夢に向かって空いた時間に、しっかり勉強できるのでありがたいです。
和食の資格まで取得できる、この教材を使う事で、自分でもお店を開く夢が、実現できそうな、大きな自信がつきました



null



海外在住で、資格を取得された方の声



中国の懐石料理店で活躍中! 「日本料理のBTC資格と3級資格」+「和菓子の3級資格」を取得!

null
寺尾 千佳子さん

私が、現在住んでいる中国浙江省は、私の故郷静岡と友好都市であり、また、ここから茶、味噌、醤油などが日本に伝わりました。
その浙江省で私は、懐石料理店で女将を担当しており、思い入れも強いです。

世界中の方々に、日本料理を知って頂きたいと思い、懐石料理店で働き始めたのですが、ただ、お店に勤めているだけでは、知識は深まらない、もっと専門的に学び、学んだ事を、現在住んでいる中国の方々に、知って頂きたいと思いました。
そこで協会の和食の通信教育で、「日本料理プロデューサー®BTC技術資格と、3級検定資格」及び、「和菓子コーディネーター®3級資格」を取得しました。


 私が初めて中国に来た2007年頃には、日本料理店もそんなに多くはありませんでしたが、ここ最近は急激に増えてきました。浙江省杭州市も例外ではありません。

nullnull

中国の方々も、健康食品である日本料理が大好きです。
私ももっと中国の方々に、日本料理や和菓子を知って頂きたく、通訳なしで自分の言葉で、日本料理を中国の方々に伝え、日本料理や和菓子を通し、日中友好の懸け橋のお手伝いができたら、と思っております。

null null


最近では、中国で日本料理について講座をしてほしいと依頼される事も多くなってきました。そのため、今後も日本料理や和菓子といった日本の伝統や文化に対する知識をもっと増やしていきたいと思っております。

※寺尾さんが出演されている動画や紹介されているページはこちらです。

■寺尾千佳子:味至浓时即为家

Live Shot丨■寺尾千佳子:行走于家庭的和食

■舌尖上的日本:和食的前世今生






中国で、「和食と和菓子の教室」を開業! 日本料理と和菓子の通信教育を受講!

null
小方さん(写真左)

私は、上海より車で約3時間、新幹線で約1時間の距離にある、杭州という土地で、広告会社を経営しており、和食と和菓子の教室を主宰しています。

協会の和食の通信教育「日本料理プロデューサー®」と「和菓子コーディネーター®」の通信教育を、中国在住で学び、お仕事に活かしています。

杭州は、緑豊かで都市化も進んでいる、中国の中では有名な観光地。
そして、中国を代表する緑茶の産地でもあります。

茶文化が発達している杭州という土地で、ご縁があって和食の教室と和菓子教室を主宰するようになりました。 今では、和菓子の予約注文を頂くようになりました。



和食や和菓子に対するイメージは、健康的で安全であること、そして何よりも見た目。精巧な作りと優雅さ……これは和食や和菓子以外には、ないものだと認識されています。
教室に来る生徒の皆さんは、大半が25-40代の女性ですが、中には男性が、奥様の誕生日や結婚記念日に、プレゼントしたいとおっしゃって、一生懸命勉強される姿も見受けられます。

null
和菓子教室の風景①
null
和菓子教室の風景②


日本では飾りに生花や葉を使ったり、器や包装にもこだわって、より美しく見せる工夫をしたり、相手のことを考えながら作ること当たり前ですが、そういった発想は異国では、なかなか理解されないことがあります。

しかし、実際に教室を開催している、緑豊かな環境を生かして、和食や和菓子に季節感を、与えるような演出をすると、大変喜んでいただけます。

null
和食の教室の風景
和菓子教室と日本料理教室の生徒さんも、延べ200人を超えました。
和菓子の注文も入るようになり、多い時は月500個を超えることもあります。

“寿司・天ぷら”だけではない、日本の食文化を少しでも理解し、興味を持っていただけるような活動を、長く続けていけたらと思っています。





null




和食の通信教育【日本料理プロデューサー】で、
一生役に立つ「手に職の技術」と、「和食の資格」をWで取得!


国際的な「食の資格検定」にトライ!
(社)日本フードライセンス国際協会


よくあるご質問

facebookページ

メルマガ登録はこちら

資格の検索


リンク用バナーダウンロードはこちら

PAGE TOP