「フードスタイリスト®の資格」の試験内容

フードスタイリスト®資格について

●「フードスタイリスト®」の資格は、商標登録された日本初で唯一の資格です。
資格取得後は、履歴書、名刺、プロフィール、企画書等へ記載し、様々なビジネスの場面でアピールが可能です。

●「フードスタイリスト®」とは、食品撮影の現場において、料理や食材を美味しそうに演出するスタイリング技術や、食全般の知識と洗練された感性を持つ食品撮影専門のスペシャリストです。

・「フードスタイリスト®」の仕事は、将来性も高く、メニューや食品カタログのスチール写真撮影から、テレビCMやドラマのムービー動画撮影など他多彩です。

●活躍の場は、撮影スタジオ、テレビCM制作会社、広告会社、印刷会社、デザイン会社、飲食店関連企業、食品会社、通販会社、調理や栄養関連の学校講師等です。

●幅広い食の業界でのポジションアップから、就職や独立開業などで、活躍の場が大きく広がることでしょう。



「フードスタイリスト®3級資格」試験について

3級資格は、フードスタイリストの基礎知識を習得した証となる資格です。
3級資格は、永年資格の為、資格取得後は、更新の必要がなく、一生役に立ちます。

試験範囲は、検定本と問題集の3級の内容です。
先ずは、書籍を購入して学びフードスタイリスト®の資格試験にトライしましょう。

<試験内容>
3級試験は、筆記試験(マークシート式50問・記述式10問)です。
フードスタイリスト®についての基礎知識が問われます。
(試験時間:1時間半を想定)

1.フードスタイリスト®の現状・食材・各国料理・製菓の知識など
2.器と盛り付け・食空間インテリア・フードカラーなど
3.テーブルコーディネート・スタイリストのスキルなど


【検定本・問題集】は、こちら


【3級試験】の申込方法はこちら





「フードスタイリスト®2級資格」試験について

2級資格取得は、レベルの高さをアピールできる為、ビジネスの場面でも大きな信頼を得て、自信をもって仕事をすすめることができます。


●2級試験の受験対象について
・2級試験の受験対象は、3級資格認定者で、【協会会員】にも登録されている人です。
 【協会会員】の詳細はコチラ

・【通信教育】・でフードスタイリストのBTC資格取得者は、実技試験が免除となります。
 【通信教育】の詳細はコチラ

・前回の試験で筆記もしくは実技試験のみ合格された人は、願書提出時に前回の受験票も同封で、
 合格した試験が免除となります。


フードスタイリスト®の資格試験2級については、検定教本と問題集の2級と3級の内容を学び、筆記試験(マークシート式45問・記述式10問)と実技試験に合格し登録手続後、2級のライセンスが発行されます。

<筆記試験>(試験時間:1時間半を想定)
1.フードスタイリスト®3級内容
2.2級内容の特殊な食材・テーブルコーディネート上級など
3.2級内容のスチール&ムービー撮影・スタイリストスキル・カメラワーク上級など
4.2級内容のマーケティング・料理本プロデュース・フードスタイリスト独立スキルなど

<実技試験>(試験時間:1時間を想定)
ランチの食卓をスタイリングするためのデザインラフ画を制作(フリーハンド)


●デザインラフ画制作の条件について
・ランチの食卓の中で一品を売りたい商品に設定する事。(例えばコーヒー、カレー、スープなど)
・対象者がイメージできる食卓を演出する事。
・スタイリングの技術が効果的に活用されている事。
・クライアントやその他内容は、自由に設定。
・デザインラフ画内に文字は使用しない事。

※デザインラフ画の内容は、試験日までに下記のコンセプトシートにまとめておく事。
※ご質問は、事前に協会へお問い合わせ下さい。(試験日はご質問の受付は出来ません)


●試験日について
・当日はコンセプトシートを用意し、筆記用具でデザインラフ画を制作する事。
(鉛筆もしくはシャープペンシル、消しゴム、色鉛筆の使用も可)
・当日は白色のA4用紙が届いていますので、サイズはA4とし、縦横自由に使用し片面のみに制作。
・試験終了時は、コンセプトシートとデザインラフ画を提出する事。


●評価内容
・フードスタイリストとしての技術やアイディアが見られる事。
・集客・収益アップが期待できる作品である事。
・買いたいと思わせる作品である事。
・商品の魅力が伝わる作品である事。
・想定する客層に合ったラフ画が制作できている事。
※イラストや絵の技術は点数に反映されません。


●コンセプトシートについて
受験者は、事前にコンセプトシートをA4サイズの白色コピー用紙にプリントアウトして下さい。
内容を記入の上、受験日当日に持参し、デザインラフ画と一緒にご提出下さい。

・コンセプトシートは、下ボタンでダウンロードして下さい。
null


コンセプトシートがダウンロードできない人は、願書提出後にメール(下ボタンをクリック)にて、
「フードスタイリスト2級コンセプトシート希望」と入れて、氏名・住所・電話番号もご記入の上、
送信下さい。届き次第に郵送致します。
null


【2級試験】の申込方法はこちら





「フードスタイリスト®1級資格」試験について

1級資格の取得は、フードスタイリスト業界でも知識と技術を兼ね備えたトップレベルのプロである証です。
この機会にスキルを極めて、将来の為にもより広く高い活躍の場を目指しましょう。

1級資格は、認定講座を受講後、実技試験及び提出作品の審査後、合格者に授与されます。
<受験対象>
同名の2級資格資格の認定者であること。 [協会会員]である事。
通信教育でBTC資格の取得者であること。

<認定講座・試験日程> 
2日間(土曜・日曜) ZOOMにて受験

<認定講座について>
フードスタイリスト®1級認定講座では、プロのフードスタイリストより知識や技術を学ぶ事が出来ます。

土曜日 10:00~12:00(フードスタイリストスキルⅠ)
    13:00~15:00(フードスタイリストスキルⅡ)
    15:30~17:30(フードスタイリストスキルⅢ)
※実習の時間が多少前後する場合があります。

<認定試験について>
筆記試験では、スタイリングをするためのコンセプトシートとラフ画を作成します。
その後、実技試験の準備を行った後、フードスタイリング撮影を実施してください。
スタイリングをする際の売りたい商品やテーマ・小物・クライアント等は自由に設定する。

日曜日 10:00~12:00(筆記試験:スタイリングのコンセプトシート及びラフ画を作成)
    12:00~15:30(実技試験の準備)
    15:30~17:30(実技試験:フードスタイリング撮影の実施)

◎実技試験の注意事項
・食材費その他のかかる費用は実費となります。
・撮影に必要な食材・小物なども用意してください。
・必ずしも調理の必要はありません。
・撮影は、デジカメや携帯での撮影も構いません。
・撮影ができる場所を確保し、スタイリングの様子が、ZOOM画面で見られるようにすること。



【1級試験】の詳細・申込方法はこちら



フードスタイリスト®インストラクター資格」試験について

インストラクター資格は、2日間の認定講座と筆記及び実技試験に合格した人に授与されます。

インストラクター資格は、認定講座を受講後、筆記及び実技試験に合格した人に授与されます。
専門スキルを指導できる講師として、講座・セミナー・研修の開催など、企業や学校などにも活躍の場が広がります。

※「教室スクール認定制度」有。(詳細は講座にて説明会有)


受験対象:同名の1級資格の取得者で、協会会員であること。
【通信教育】でフードスタイリストBTC資格の取得者。

【インストラクター試験】の申込方法はこちら





フードスタイリストの資格の検定試験で、一生役に立つフードスタイリストの資格を取得しよう!

国際的な「食の検定資格」にトライ!
(社)日本フードライセンス国際協会

よくあるご質問

facebookページ

メルマガ登録はこちら

資格の検索


リンク用バナーダウンロードはこちら

PAGE TOP