日本料理プロデューサー®【資格検定】について

和食・日本料理の資格

・和食の資格「日本料理プロデューサー®」は、商標登録された日本初で唯一の資格の為、履歴書、名刺、プロフィー
 ル、企画書等へ記載し、様々なビジネスの場面でアピールが可能です。

・「日本料理プロデューサー®」とは、日本料理や和食についての専門的な知識を持ち、日本料理店の出店から経営管
 理、販促及びコンサルティングやメニュー開発にいたる業務まで幅広く対応できるスペシャリストです。

・「日本料理プロデューサー®」として、世界でも圧倒的な人気を誇る日本料理の業界で、活躍の場を広げましょう。

・資格取得後は、和食店、和食食材会社 食品企業、調理機器会社、厨房機器会社、専門学校、和食ライター、和食食材のネットショップ、日本料理プロデューサー等で、将来のお仕事の可能性も期待できます。



「日本料理プロデューサー®3級資格」試験について

3級資格は、和食のスペシャリストの証となる資格です。
先ずは、検定本と問題集で学び、和食の資格試験にトライしましょう。


<試験内容>
3級試験は、筆記試験(マークシート式50問。記述式10問)です。
和食についての基礎知識が問われます。
(試験時間:2時間を想定)

1.食文化・歴史(種類及び行事食)など
2.調理法・調理器具・食材・マナーなど
3.マーケティング・開業計画・経営管理など


【検定本・問題集】は、こちら


【3級試験】の詳細・申込方法はこちら





「日本料理プロデューサー®2級資格」試験について

2級資格取得は、レベルの高さをアピールできる為、ビジネスの場面でも大きな信頼を得て、自信をもって仕事をすすめることができます。

和食の資格の日本料理プロデューサー®2級については、検定教本と問題集の2級3級内容で学び、筆記試験と実技試験に合格し登録手続後、2級のライセンスが発行されます。


●受験対象について
・2級試験の受験資格は、3級資格取得者で、【協会会員】の人です。
 【協会会員】の詳細はコチラ

・【通信教育】で日本料理プロデューサーBTC資格の取得者は、実技試験が免除となります。
 【通信教育】の詳細はコチラ

・前回の試験で筆記もしくは実技試験のみ合格された人は、願書提出時に前回の受験票も同封で、
 合格した試験が免除となります。


<筆記試験(マークシート式45問・記述式10問)>
(試験時間:2時間を想定)
1.日本料理プロデューサー®3級内容
2.2級内容の日本料理の文化・郷土食
3.2級内容のメニュー開発・和食器
4.2級内容の販売促進・プロデュース・海外戦略

<実技試験>(試験時間:1時間を想定)
日本料理店のオープンイベントのチラシを制作(フリーハンド)

●チラシ制作の条件について
・オープン店舗は、実在しない店舗を想定する事。
・店舗名を決定し、住所はコンセプトに合った立地を設定する事。
(番地や路面店もしくは2階店舗など細かく想定)
・イベント内容については自由に設定。
・写真や字体については、フリーハンドのラフ案としてターゲットの客層に伝わるように制作する事。
(写真の貼り付けや“ここに写真”などのように、文字で写真を表現する事は不可)

※複数科目受験される方は、チラシの内容が類似しない様制作する事。

※チラシの内容は、試験日迄に下記のコンセプトシートにまとめておく事。
※ご質問は、事前に協会へお問い合わせ下さい。(試験日は、ご質問の受付はできません)


●試験日について
・当日はコンセプトシートを用意し、筆記用具でチラシを制作する事。
(鉛筆もしくはシャープペンシル、消しゴム、色鉛筆の使用も可)
・当日は白色のA4用紙が届いていますので、サイズはA4とし、縦横自由に使用し片面のみに制作。
・試験終了時は、コンセプトシートとチラシを提出する事。


●評価内容
・集客・収益アップが期待できるものである事。
・来店したいと思わせるものである事。
・立地・客層に合ったイベントチラシを制作できている事。
・お店の魅力が伝わっている事。
※イラストや絵の技術は点数に反映されません。


●コンセプトシートについて
受験者は、事前にコンセプトシートをA4サイズの白色コピー用紙にプリントアウトして下さい。
内容を記入の上、受験日に持参し、チラシと一緒にご提出下さい。

コンセプトシートは、下ボタンでダウンロードして下さい。
null

コンセプトシートがダウンロードできない場合は、願書提出後にメール(下ボタンをクリック)にて、
「日本料理プロデューサー®2級コンセプトシート希望」と入れて、氏名・住所・電話番号もご記入の上、
送信下さい。届き次第に郵送致します。

null


【2級試験】の詳細・申込方法はこちら





「日本料理プロデューサー®1級資格」試験について


1級資格の取得は、業界でも知識と技術を兼ね備えたトップレベルのプロである証です。
この機会にスキルを極めて、将来の為にもより広く高い活躍の場を目指しましょう。

・受験対象は、2級資格取得者で、協会会員の人です。
1級資格は、認定講座を受講後、作品提出及び実技試験の審査後、合格者に授与されます。

<試験日程>2日間(土曜・日曜)
す。
<認定講座について>
1級認定講座では、日本料理の職人より技術を学び、コンサルタントから知識を学ぶ事が出来ます。

土曜日 10:00~12:00(日本料理実習)
    13:00~15:00(日本料理実習)
    15:30~17:30(日本料理店開業計画及びコンサルティング講座)

※開業計画及びコンサルティング時に、筆記試験の開業計画書作成条件を発表しますので事前にコンセプトシートを作成しておいて下さい。
※講師の状況により、実習の時間が前後する場合があります。

null

<認定試験について>
筆記試験で事前に作成したコンセプトシートを基に開業計画書を作成し、その後、実技試験の準備(食材の仕入れなど)を行った後、実際に日本料理を1食分(3品)提出します。(調理は2~4食分でも可)

日曜日 10:00~12:00(筆記試験:日本料理店の開業計画書作成)
    12:00~15:30(実技試験の準備)
    15:30~17:30(実技試験:日本料理の調理1食分(3品)・レシピ提出)

◎実技試験の注意事項
・食材費は実費となります。
・白米については、お茶碗のみの配置で配膳したとみなします。
・炊き込みご飯などご飯を炊く場合は、土曜日に申請して下さい。
・試験当日は、レシピ(自由書式・写真不要)を持参下さい。
・キッチン設備及び調理器具については、試験前日にご確認下さい。



【1級試験】の詳細・申込方法はこちら



日本料理プロデューサー®インストラクター資格」試験について

インストラクター資格は、2日間の認定講座を受講後、筆記及び実技試験に合格した人に授与されます。
専門スキルを指導できる講師として、講座の開催など企業や学校などにも活躍の場が広がります。

又、資格取得者は、講座の開催時に、ご自身が取得した2級迄の資格を、受講生に発行することが可能となります。「教室スクール認定制度」も利用可。(詳細は講座にて説明会有)


受験対象:日本料理プロデューサー1級資格の取得者で、協会会員であること。 【通信教育】で日本料理プロデューサーのBTC資格取得者(料理に携わる仕事に3年以上勤務経験がある人は申請にて免除)。

【インストラクター試験】の詳細や申込方法はこちら

よくあるご質問

facebookページ

メルマガ登録はこちら

資格の検索


リンク用バナーダウンロードはこちら

PAGE TOP