ベトナムで焼酎を製造するHUE FOODS COMPANY 黒川氏

null
黒川代表(左)とHANOI代理店社長
今回は、ベトナムで焼酎を製造するHUE FOODS COMPANY 現地代表の黒川邦彦氏にお話しを伺いました。

フエフーズは、1995年に田園風景が広がるベトナム中部のフエ省に設立し、サイタホールディングスの子会社で、焼酎や日本酒の製造会社です。杜氏が常駐し、同じ蒸留酒文化があるベトナムに市場を求め、ベトナムに根差したローカル企業として成長しています。

ベトナム国内では、日本人向け、ベトナム人向けに販売し、全体の売上の85%程度です。日本にも焼酎を輸出しており、まだ少量ですがタイ、ラオス、カンボジア等にも輸出しています。今後、さらにASEAN諸国、その他第三国への輸出にも取り組んで行きたいと考えております。
null
会社正面
外国企業が稀な地域で、ベトナム人スタッフ80名を雇用。原材料の管理、製造工程管理、品質管理など、ISO、HACCPも取得し、当然ですが、当たり前のことをまじめにやっていると自負しています。お蔭様でそれなりの評価は頂ける様になって参りましたが、さらに努力してまいります。
null
工場
null
作業中のスタッフ

商品については、大ヒットとなった焼酎鬼(ONI)が、品質の良さと1本100円という低価格が受けフエ省の飲食店では必ず見るようになりましたが、人気の表れとはいえ1本60円など低品質の模倣品も次から次にでている状況もあります。

07年には、1本600円の本格焼酎帝王を発売し、初年度3万本が4年で45万本というこちらも爆発的なヒット商品となりました。しかし競合他社も自社の商品を1箱買えば1箱無料や、まとめ買いするとエアコンをプレゼントするなど、なりふり構わぬ攻勢もあります。

null
市内の風景
言葉の問題では、日本語通訳に頼らざるを得ませんが、大きな街と違い、フエでは堪能な人をいきなり採用することは難しいですから、日本語学校卒業者を採用後、長い目で見て養成していくしかありません。

かみくだいた日本語で、ゆっくりと、できるだけわかりやすいように、言い方を変えながら何度も、未だに話しています。たまに帰国すると、家族から、「話し方が変わった」、「変」、「ゆっくり過ぎる」ということを言われ、苦笑します。
null
自然の風景
将来的には、夢は大きく、ベトナムで一番のアルコールメーカーに、あらゆる意味で一番の会社になりたいです。まだまだそういう大きなことを言える段階ではありませんが、ベトナムという国に、そしてフエという地域にしっかり根付いて、ベトナムのローカルの会社として、先ずはフエ市で一番の会社、そしてフエ省で一番の会社、それから中部で一番の会社、という風に成長していきたいです。

よくあるご質問

facebookページ

メルマガ登録はこちら

資格の検索


リンク用バナーダウンロードはこちら

PAGE TOP